英文メール強化塾 相手を動かすライティング戦略

Paul Bissonnette ポール・ビソネット ピー・ビー・ライティングセンター 代表取締役 1975年に来日、93年Technical Communication博士号取得後に再来日。現在はピー・ビー・ライティングセンター代表取締役。キャノン、武田薬品工業、トヨタ自動車など200社以上の大手企業で英文ビジネスライティングを指導。近著『相手を「必ず動かす」英文メールの書き方』(アルク)。http://www.pbwritingcenter.com/

2016.12.19

New

Lesson 43 This could be a little tricky.

今回は「ライセンシーとの契約を遵守しながら、必要な情報を得ること」がテーマ。こちらのできること、できないことを相手に理解させ、証拠の提示を依頼します。

閲覧する

2016.09.27

Lesson 42 Oops, that’s an unpleasant surprise. And it may be my fault.

今回は「従来と同じ数量を同じ日程で納入してくれるように、相手に訴えかけること」がテーマ。自身の非を認めながら、相手の貢献度をたたえ、プライドに訴えかけます。

閲覧する

2016.06.20

Lesson 41 “Not yet” is better than “no”.

今回は「トラブルが解消するまで、顧客に待ってもらえるよう説得すること」がテーマ。相手のためにベストを尽くすという姿勢をみせます。

閲覧する

2016.03.29

Lesson 40 Sorry, I'm on their side!

今回は「協力的な関係を維持しつつ、相手にとって不都合な決定を説明すること」がテーマ。相手へ配慮しながら決定内容を説明します。

閲覧する

2015.12.18

Lesson 39 Only you!

今回は「規則に従わなければならないと強調すること」がテーマ。規則違反を繰り返す相手に、要求を強調して伝えます。

閲覧する

2015.09.17

Lesson 38 I know you mean well but data says you’re wrong.

今回は「『現在の設計は適切』と相手に納得させること」がテーマ。相手に敬意を払いつつも、意見が間違いであることを伝えます。

閲覧する

2015.06.17

Lesson 37 LOL! Quality inspections cost extra?

今回は「常識と契約が求めることを相手に同意させること」がテーマ。相手に契約内容を思い出させて、問題解決への協力を求めます。

閲覧する

2015.03.13

Lesson 36 If you can’t supply it, tell us who can!

今回は「相手にこちらを無視することをやめ、問題を解決させること」がテーマ。論理的かつ感情に訴える形で問題の解決と返答を促します。

閲覧する

2014.12.08

Lesson 35 Don’t touch that!

今回は「デジタル制御装置に対するこちらの監督権を相手に認めさせること」がテーマ。相手への敬意を表しながらも、要求を通します。

閲覧する

2014.09.19

Lesson 34 Just a little reminder . . . please don’t ignore me.

今回は「日本語版マニュアルを取得する、または作成の許可を得ること」がテー マ。相手に配慮しながら便益を明確にして返答を促します。

閲覧する

2014.06.26

Lesson 33 Where’s the money!

今回は「基金に寄付をする前に特定プロジェクトへ出資することを確実にすること」がテーマ。相手を責めずに協力を促します。

閲覧する

2014.03.27

Lesson 32 Forgive the sensitive questions, but . . .

今回は「相手から情報を引き出すこと」がテーマ。丁寧かつ敬意をもって機密事項を含むデリケートな情報の開示を依頼します。

閲覧する

2013.12.26

Lesson 31 Looks like you may have a problem!

今回は「日本のやり方を採用するよう相手を説得すること」がテーマ。相手に配慮しながら、技術的課題を解決します。

閲覧する

2013.10.30

Lesson 30 This policy is costing us money!

今回は「日本での取引旅行代理店変更を本社に許可してもらうこと」がテーマ。相手を尊重しながら許可を求めます。

閲覧する

2013.08.01

Lesson 29 Betty’s markup, OMG!

今回は「小さいけれど面倒な問題を解決すること」がテーマ。お互いにとってメリットのある解決を目指します。

閲覧する

2013.03.29

Lesson 28 It may seem small to you . . .

今回は「間違いを繰り返す相手に送り状に正しく記載させる」がテーマ。相手を責めずに問題解決を図ります。

閲覧する

2012.12.26

Lesson 27 They’re so vain!

今回は「相手の気分を害することなくデリケートな質問をする」がテーマ。相手のプライドに配慮しながら、必要な情報を引き出します。

閲覧する

2012.09.26

Lesson 26 Who’s the boss here?

今回は「製品を廃棄せざるを得なかったことを本社に受け入れてもらうこと」がテーマ。本社上席への配慮を見せながら、解決策を提示します。

閲覧する

2012.07.18

Lesson 25 Blame it on the customer?

今回は「相手に品質上の問題を改善させること」がテーマ。共に課題解決に取り組む姿勢を見せながら、相手に協力を促します。

閲覧する

会員登録(無料)をしていただくと、
2012年2月以前の英文メール強化塾のバックナンバーをご覧いただけます。

バックナンバー一覧はこちら

会員登録はこちら

ページのトップへ

英文メール強化塾
Lesson 43
This could be a little tricky.
Lesson 42
Oops, that’s an unpleasant surprise. And it may be my fault.
Lesson 41
“Not yet” is better than “no”.
Lesson 40
Sorry, I'm on their side!
Lesson 39
Only you!
Lesson 38
I know you mean well but data says you’re wrong.
Lesson 37
LOL! Quality inspections cost extra?
Lesson 36
If you can’t supply it, tell us who can!
Lesson 35
Don’t touch that!
Lesson 34
Just a little reminder . . . please don’t ignore me.
Lesson 33
Where’s the money!
Lesson 32
Forgive the sensitive questions, but . . .
Lesson 31
Looks like you may have a problem!
Lesson 30
This policy is costing us money!
Lesson 29
Betty’s markup, OMG!
Lesson 28
It may seem small to you . . .
Lesson 27
They’re so vain!
Lesson 26
Who’s the boss here?
Lesson 25
Blame it on the customer?

そうだ、浅田さんに聞いてみよう! グローバルコミュニケーションのプロに無料で相談できるチャンス!!

世界ビックリ体験記 海外でのあんなビックリ、こんなドッキリ…。クオカードが当たる読者参加型コーナー!

IIBCグローバル人材育成フォーラム

会員登録はこちら 限定コンテンツも提供!

グローバルマネジャー facebookページへ

日本発、世界に飛躍 「地球人財」がグローバル時代を勝ち抜く